スタプリ 第16話 本編感想

【スタプリ第16話のネタバレがあります。ご注意ください。】

スター☆トゥインクルプリキュア 第16話
「目指せ優勝☆まどかの一矢!」

弓道王大会

2週連続でまどかが活躍する回でした、結構珍しいのではないでしょうか。
さらっと言われていましたが今回は年齢関係無しの全国大会。中学生で優勝って、ものすごいことでは…?

まどかの勝ちたい理由

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第16話本放送より引用

私も勝ちたいです。父のためにも。

気になったのはこちらの言葉。必ずしもこれだけというわけでは無いと思いますが、まどかの勝ちたい理由って、お父様のためなのですね。

まどかは、お父様の仕事(宇宙人の捜査)が近頃うまく行っていない事を気にしている様子。映画の撮影なんて嘘をついた事で今までの証拠が白紙になったも同然ですから、当然でしょう。

しかし、これが映画の撮影とは…
そんなわけがないだろう

しかし、肝心のお父様はこんな発言をしています。まどかの嘘はお見通しという訳ですね。ただ、それに気付いた素振りを見せないこと、また、ひかる達を観察している事から今後のお父様の動きに目が離せません。

観星中の金星

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第16話本放送より引用

しっかり大会の説明を挟んでネタを披露した挙げ句、ちゃんとオチもつける大変面白い桜子さん。まどかの人気に陰りが…で月が欠けていく演出に「おぉ…」と思っていた所、後ろから観星中の金星がドーン!さすがに笑いました。

弓道の描写について

雑誌で読んだのですが、弓を射る時の一連の動きは「射法八節」って言うそうです。その情報を頼りに動画を見たら、まどかの動きまんまでした。

Go!プリンセスプリキュアの時は、バイオリンの描写のために演奏家の方を読んだという話もどこかのインタビューで話されていました。今回も何かを参考にしたのかもしれませんね。

前々から弓キャラ好き!とか言っておきながら、結局何も知らない私にもわかるようにルール説明もしっかり入っていました。観ている子供たちが将来目指すかもしれないものなので、しっかり細部までこだわってくれているのでしょうね。本当に頭が下がります。

星奈ひかる

まどかを応援する人はたくさんいたわけで、その中のひかる達にまどかのお母様が気付けたのは、まどかが普段家庭で友達の事を話しているからでしょうね。

ひかるが、まどかのお母様に「お父さんは?」と聞いた理由って、きっとまどかが「父のために勝ちたい」と言っていた事を踏まえてなのですよね。お父様に見ていて欲しいんだろうなって事を気にしてあげている。その考えが試合終了後もうひとつの行動に繋がっていて、面白かったです。

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第16話本放送より引用

こちら、わざわざお父様の後ろに行って手を振っているシーンです。「お父さん、まどかさんの事ちゃんと見てたよ!」って伝えるために、わざわざです。
正直、そこまで席が離れていたわけでもないので、気付くだろ…と思ってしまいますが、そこでわざわざ行動するのが、ひかるって子なのです。

羽衣ララ

個人的にララの「どうもルン」がすごく好きなのですよね。なんか、ちょっと日本語に慣れてきた感があって。「どうも」っていつでも使えるじゃん!とりあえず言っとけ!みたいな。

揺れるまどか

自分と向き合い、自分を鍛える、最後に頼れるのは自分だけ

お父様から受けたアドバイス通り、まどかは自分一人で戦う決心をして出場したのだと思います。ひかる達に応援してもらって、微笑みを返してはいますが自分だけの戦いです。

そんな中、まどかの気になっていた初出場の選手、那須ゆみかが伝えた言葉は、

応援なんて集中の邪魔
あなた、弱くなったね。友達なんかと仲良しごっこしてるからよ

この時点でまどかは「個人戦」をしているつもりでしたが、相手からはそうは見えませんでした。きつい言葉をかけられたまどかは、お父様の言っていた「頼れるのは自分だけ」を実践できていないのではないか。また、仲間の応援は自分の弱さに繋がっているのではないかと揺れてしまいます。

そして最後に放った矢は中心からかなりそれたものでした。

お父様のアドバイス、ゆみかの言葉によって見事に揺れてしまったまどかですが、お父様のアドバイスは実は的確だったのではないかと思います。この時点で、まどかは「自分一人で戦う」と解釈していますが、お父様がアドバイスしたタイミングはまどかが「初出場の選手が気になります」と言った後でした。

なので、お父様がしたアドバイスは「他の選手は気にせず、自分の弓道をするように」だったのではないでしょうか。

おねがい フォーチュンカプセルメーカー

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第16話本放送より引用

あ、お守り作る流れだ!!よし、くるくるビーズメーカー…え??前回のプルンスのような、そんな「え?」が出ました。いやいや、ビーズメーカーだと信じて疑いませんでした。まさかの新商品(たぶん)。こういうアイテムを出すのも不思議妖精の特権ですね。

こういうアイテム、後でアツい展開になったり新アイテムになることもあるので期待しています。ちょっとずつ形が違うのも良い。

幼少期のプルンスがまぁかわいい。

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第16話本放送より引用

お弁当で真っ先におにぎりを持って、その直後両手持ちでおにぎりを頬張るララが非常にかわいかったです。えれなは「かつぶし」って言っていましたが私は「かつおぶし」のがしっくり来るのですよね。調べてみましたが、はっきりと違いはわかりませんでした。

誰か教えて!

ノットレイダー

バケニャーン

単独行動は控えてください

前回いなかったバケニャーンですが、不在だったのではなくアイワーンが振り切った?事が判明しました。アイワーンやんちゃすぎる。

ノットリガー

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第16話本放送より引用

今回ノットリガーにされたのは那須ゆみか。面白いのはノットリガーになった後に行った言葉が「友達なんていらない、一人が一番強い」だったことですね。前例から分かる通り、アイワーンのノットリガー化は対象の大事にしているものだったり、想像力だったりを反転させます。遼じいの時は「星座なんてどうでもいい」でしたね。

そのノットリガー状態で「友達がいらない」という事は、本心では友達が欲しかったという事に他なりません

ゆみかは無理をして、自分に嘘をついて今まで練習してきたのかもしれませんね。まどかのお父様のアドバイスを極端に受け止め、結果的にまどかと対照的な存在になっています。

あんたの邪魔者をノットリガーにしてやったんだっつーの!

確かにここで、ゆみかがリタイアすれば不戦勝でまどかの優勝となります。しかしまどかはノータイムで否定、それに加え激しい怒りが読み取れます。正々堂々、真剣勝負。アツいですね。

(変身シーンの髪型について触れてはいけない)

決定戦

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第16話本放送より引用

皆の応援を力に、自分を信じて進む、それが私の信じる弓道です!

ひかる達の応援、お守りによってまどかは立ち直り、自分の信じる弓道を見つけます。対照的に、まどか達を見て心が揺れているゆみかの最後の矢はそれ、的に当たることはありませんでした。

プリキュアにおける勝負って、最後までどちらが勝つかわからないのですよね。「子供向けなんだから負けることなんてないだろう」という言葉もわかります。私もそう思っていました。でも、プリキュアはそんな視聴者を(いい意味で)裏切ってくれるので。

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第16話本放送より引用

結果的に負けてしまったゆみかですが、また違った友達「戦友、ライバル」が出来たことによって来年はもっと手強くなってくるでしょう。それぞれの信じる弓道をぶつけ合ってほしいですね。

私も、弓道は体験の敷居が高そうなのでアーチェリーあたり触りに行ってみようかな。まどか達のすごさが実感できそうなので。

演出

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第16話本放送より引用

演出は三上雅人さん。

冒頭にツツジとアゲハ蝶のカットがありましたね。アニメに花が出てくるとついつい花言葉を調べたくなってしまうものです。ツツジの花言葉は「節度」「慎み」だそうです。まどかのイメージに合う花言葉ですね。ただ、まどかを表す花というよりは、季節の花として登場させた感じがあります、おしゃれですねぇ。

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第16話本放送より引用

他にも、矢を射る時の集中、静けさの表現とか、最後に的中した時の白黒反転なんかも印象的でした。

次回予告

ゼニー星ふたたび!!!まさかこの速さでドラムスとゼニー星が再登場するとは思いませんでした。プルンスがすっかりマオにゃんアンチになっていて笑えます。いや、マオにゃんはまだ好きなのかも…?上ケンさんを感じる。 

0