スタプリ 第13話 本編感想

【スタプリ第13話のネタバレがあります。ご注意ください。】

スター☆トゥインクルプリキュア 第13話
「ララのドキドキ初登校☆」

登校1日目

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

転校初日でワクワクしているララ。とてもかわいいですね。
「学校が楽しそうだったから。」ララの知らない世界を、ひかるは見せてくれると信じての笑顔。最近、ひかるとララの仲良しっぷりに当てられてる気がします。

さらっと転校の手続きをしてくれたアブラハム監督、本当にありがとう。
でも、住んでる所大丈夫なの…?めちゃくちゃ目立ちそうなロケットだけど!

AIはお留守番

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

学校は勉強しに行く所ルン

ララの地球生活での生命線とも言える、AIを置いていくことにしています。これは、今までAIに助けられてきたララにとって大きな一歩ですよね。
決意のほどが伺えます。また、ひかるが一緒にいるから大丈夫、とも考えていそうですね。

自己紹介

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

ララルン!よろしくルン!

歴代プリキュア転校シーンに比べると、普通でしたね。そして登場した時から心配してた「ララルン」って呼ばれてしまうのでは問題が現実に。

席は、もちろんひかるのお隣、ではないのに驚きました。タツノリィ、ひかるとララの間に入るとは、覚悟はできているだろうな…
ひかると隣になれなかったことで、少し悲しそうな顔もしていましたし。(私の勘違いかもしれない)

ひかるのサポート

姫ノ城桜子にお尋ねになって→ここのAIルン?

って返しているのが面白かったです。最初はイマイチわかりませんでしたが、ララにとって「なんでも聞いてね」の対象はAIなのですよね。ということはサマーンのAIには人型もあるのかな。

えれなさんと、まどかさんも少しサポートはしている?のですが、2人が有名すぎるため早速ララが悪目立ちしていますね。ララはわりと敏感で、この噂話もちゃんと考慮に入れて後で行動しています。出来る子。

外国…?わりと近所!宇宙に比べれば!

ひかるのサポート能力がひかる。(言いたかっただけ)

2桁の足し算

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

オヨ、2桁の計算出来るルン!?

地球人すごいルン、って普通に言っちゃっている所に少し笑いました。前回の次回予告で、何にショック受けてるんだと思ったらまさかの2桁の足し算。でも冷静に考えてみると、メインターゲット層の子たちにとっては2桁の足し算ってものすごく難しい事のように思えるのでしょうね。ララに共感できた子どもたちもいるのではないでしょうか。

失敗が続くララ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

学校の事、何も知らないルン

廊下を走らない、を注意されてから自分がちゃんとできていない事を気にし始めるララ。転校初日なら仕方ないと思うけどなぁ。
落ち込んでいるララの事を、お腹が減っているんだと思って、ハンバーグを勧めるフワかわいすぎる。これを見て私の晩御飯はハンバーグになりました。うまフワ~!

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

掃除の仕方がわからず、反射的にAIに頼り、置いてきた事を思い出すララ。この時くらいから、失敗に対する怖れが出てきていたのではないかと思います。そしてこの時、タイミング悪くひかるもいない。

ララはAIではなく、人に尋ねる事に慣れたら良いなと思います。周りのクラスメイトも割と理解がありそうでしたし。1日目なので、皆ララの事をわかっていなくて、これくらいわかるよね(口には出していませんけど)っていう雰囲気を出していたのも良くなかったと思います。

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

ララルンってまじ変わってるなぁ

た、タツノリィ!
ララが物凄いショックを受けて学校を飛び出してしまいます。ひかるも置いていくって相当ショックだったのだろうなと思います。

 

個人的に、この言葉そんなに気にすることかなーと思っていました。そうしたら友人が、

「サマーンでは皆AIに頼るから、逸脱した行動は恐らく無く、その環境で13年育ってきたララは変わっている事をとても気にするのではないか」

という旨のツイートをしていて、とても納得しました。これを踏まえれば、ショックを受けた事も、この後の考えにも合点がいきます。

登校2日目

AIの復活

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

本放送時、「あああ、AIつけてるううう」って叫びました。

まず、あそこまでショックを受けたのに2日目登校するララは偉いですよね、本当に真面目な子です。本来ララが学校に行きたかった理由は「楽しいから」だったのに、うまくできないから自分を押し殺してでも無理に普通を演じる事にした選択が本当に辛い。

AIに言われるがまま行動しているララを見つめる、ひかるが心配そうな顔をしているのがいいですね。無理しているなぁと思っているのでしょうね。

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

“周りと違う”を気にするララが「失敗してもいいじゃん」っていうひかるに返した言葉が

ひかるや、えれなやまどかまで変な目で見られるルン

だったので、自分よりも友達の事をまず気にしているのですよね。
前述の通り、ララは(恐らく)他と違う事をすっごく気にする子で、だからこそ友達の3人が悪く言われる事は避けたかったのではないでしょうか。たとえ、自分が楽しめなくても。

ねぇララ、今日学校楽しかった?
AIのおかげで失敗しなくてホッとしてる

もう、学校を楽しむ事ではなく、どれだけ周りに迷惑かけないかという事に意識が行っている事が、この会話からひしひしと伝わってきます。作り笑いがつらい。

この時の坂道も演出の一部だと思います。私はララの気持ちが落ち込んでいることの表現、くらいしか思いつきませんが。

そんな中、無責任な視聴者は丁寧語なララもかわいいなぁ、とも思います。ごめんなさい。

登校3日目?

私も皆と楽しく、なりたかったルン

色んな理由を並べるけど、ララの本心はやっぱり「皆と楽しく学校生活を送りたい」なのですよね。こういった本音をちゃんと言える関係になっているのがいいですね。
わざわざ休みの日に、先輩2人を呼び出してまでこういったサポートをするひかるは、やはり頼もしいです。

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

このクラスの、ララなんだよ!

このシーン、ひかるの後ろに光源があるので影になっているのですが、ちょっと不穏に見えませんでしたか?ちょっと神経質になりすぎかなぁ。

戦闘シーン

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

カッパードさん、登場の仕方で笑わせないでください、面白すぎます!
強化された武器ですが、ノットリガー召喚ではなく、武器強化になっているみたいですね。プリキュアとしてはめちゃくちゃ新しいです。

しかも、今回は「ノリ」が売りのタツノリが対象だったのでサーフィンボードのような形に。これは今後の戦闘バリエーションが豊富になる設定なので、とても楽しみです。

プリキュア側は、ララ回なのでミルキーメインの変身!!学校を破壊しようとするカッパードに対してミルキーが言った言葉が、

私の知らない世界が、たくさんあるルン!
まだ日直をやってないルン!

でした。ここで日直が出る所がプリキュアらしい、ですよね。プリキュアは日常を守るために戦うのです。

タツノリ救出

ルンって言ってくれよ

タツノリィ、よく言った!ララは、ララだよ!という事で普通のララに戻ります。

登校4日目

ルンちゃん

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

これまた可愛いあだ名が付きましたね。ちゃんは子供っぽいから嫌、とか言っていた時代もありましたが(今の仲良し度ならララちゃんって呼んでも嫌がらなそう)、嬉しそうにしていましたね。よかった。
視聴者も、「ララ」の他に公式な呼び方がひとつ増えました。

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクルプリキュア 第13話本放送より引用

4日目、特筆すべき点は、ララはAIを持ってきていないという事でしょう。そしてAIがあった位置にはひかるの手が握られています。ララにこの笑顔が戻って本当に良かった。
そしてハーモニーで〆。ひかる、ララ、楽しい学校生活を送っていただきたいです。それをずっと眺めていたい。

次回予告

次回はとうとう、えれな家に焦点が当てられるみたいですね。ソンリッサの意味は笑顔みたいですね。楽しみです。

0