スタプリ 第14話 本編感想

【スタプリ第14話のネタバレがあります。ご注意ください。】

スター☆トゥインクルプリキュア 第14話
「笑顔deパーティ!家族のソンリッサ☆」

天宮家

えれなパパ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

初期は、スペイン語くらいしか情報が無かったえれなパパ。名前はカルロス
何月号かのアニメージュでメキシコ人という情報が追加されましたが、本放送では初お披露目ですね。

陽気な人で、天宮家の雰囲気を作りだした張本人、という感じです。車から演奏しながら降りてきたのには笑いました。配達も子供たちと歌い、踊りながら楽しくこなす、楽しい家族ということがわかります。

えれなママ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

OPに後ろ姿のみ出ていた、えれなママ。名前は天宮かえで
てっきり夫婦共にお花屋さんをやっているのかと思っていましたが、翻訳家さんだそうです。OPでは影になっているので髪は茶色だと思いこんでいたのですが、ちょっと赤っぽかったですね。

夫婦共に”笑顔”を大事にしている事が伝わってきて、まさにこの親にしてこの子あり。えれなのスタイルにも納得です。

雰囲気

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

何か始まったルン

家に招き入れて早々、踊り出す天宮ファミリー。プリキュア的家族は歌ったり、踊ったり、敵幹部だったりと今回の話で言うところの”普通”ではない家族はいっぱいいるのでね、うん。

他に、部屋の壁に描かれた落書きや、 (おそらく)子どもたちと作ったお皿なんかを見ると、親子間のコミュニケーションが活発に行われているのだと読み取れます。いいですね。

それにしても、「セニョリータ」とか聞いているとモエルンバを思い出しますよね。チャッチャッチャ。(ふたりはプリキュアSplash☆Star)

天宮とうま

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

えれなの他に、反抗的な態度を見せる天宮とうまを気にしていたのは、まどかでした。
後から考えてみると、香久矢家もいわゆる普通の家庭ではないので、何か思う所があったのかもしれませんね。

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

うちって普通じゃないのかな

とうま君ですが、姉に「どうしてあんな態度とったの?」と聞かれて答えたのがこの言葉なのですよね。めちゃくちゃ素直じゃないですか。天宮家の家族関係の良さがうかがえます。
こういう時の反抗期キャラってこの回答さえしないではぐらかす事、多いと思うので。

それに対し、えれなの回答は、

うちはうちでしょ

でした。驚いた風なりアクションから察するに、もしかしたら予測していなくて自分の経験を話すより、結論だけ言ってしまったという感じがありますね。

とうまの友達の“すごいな”に悪気はないと思うのですよね。それを気にしてしまって、悪い方向に考えてしまったのかな、と思います。テンジョウさんの言っていた「歪んだイマジネーション」という物になるのでしょうか。

仮装する3人

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

笑った。パーティってそういうもの…なのかな?まどかは絶対こういう事やったことなさそうなので、新しい経験ができて私は嬉しいです(誰目線なのだろうか)

感情の決壊

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

こんな家(うち)、大っ嫌い!

言いましたねー…。でも注目したいのは、とうまの表情です。少し涙ぐんでいるのですよね。とうまだって、本当はそんな事思ってないんです、家族が大好きなんです。でも、普通でない事を気にしすぎてしまって、それを向ける矛先が無い。そんな感情なんだと思います。

なので、巨大ノットレイになってしまった時も、特定の誰を狙うでもなく、ただただ周りに当たり散らしていました。そんなとうまの感情を、両親もきっとわかっていて、だからこそあれだけ言われても、怒るような事はなく、「大丈夫」と言い切れたのかもしれません。

ララ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

逃げていても、転んだララを見て戻ってきて手を貸してあげる姿、めちゃくちゃかっこいいですね。こういった細かい行動から読み取れるいい子っぷりがたまらないです。

別に、えれなが見つけて自分の経験から話し、納得させるのもありだったと思います。
でも、見つけたのは、前回(第13話)で「変わっている」ことと、「自分らしさ」に向き合ったばかりのララでした。
天宮家の回、思ったより後ろだなと思っていたのですが、ララの成長と、とうまの話を作るためにここまで引きずったのかなと思いました。

ララは、プルンスに注意されながらですが、自分の見つけた「皆違ったけど、変じゃない」を無事伝える事ができました。ごまかし方や、ちょっとした挨拶も覚えて(どうもルン)地球の生活にも慣れてきたとみた。よかったねぇ。

ほっとした時の「オヨ…」がかわいいんですよ。

触角ダンス

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

触角ダンス!!!触角の挨拶といい、触角の設定考えた方天才じゃないですか!?

触角ダンスの決めポーズは、相手も触角な事を考えると綺麗なハートマークですね。なんていう直接的な仲良しアピール。まどかさん回で触角をハートマークにしていたのは仲良しの印だったのかもしれませんね。

ひかるとの触角タッチ挨拶は、レベルアップしてこのダンスになっているのかもしれない、という想像。そんなことないか。

 

ルンはルンルン

花の子ルンルンを思い出した(古い)

ノットレイダー

テンジョウの追加能力

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

テンジョウさん、わざわざスターカラーペン持ってきてくれてありがとう。
強化された武器は、ノットレイを操るテンジョウさんらしく、「対象を巨大なノットレイに変えてコントロールを得る」という能力みたいです。
アイワーンのように想像力を塗りつぶす効果は…無さそうな感じがするのですよね。今回の件で言うと悪いイメージを煽るような。制御はうまく出来なそうです。

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

このスターパンチ、めちゃくちゃ格好良くないですか…?

威力を、風で舞い上がる木の葉等で表現するの、すごい好きなんです。具体的に言うと、Go!プリンセスプリキュア第1話戦闘シーンとか。1話なので観てない方もどうぞ。すごいですよ、ぜひ観てください。

サソリ座復活

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

サソリ座ソレイユシュートが、まさかここまで変わらないとは思わなかった。

正直、えれながもう新しいペンゲットするとは思いませんでした。このペースで行くと、中盤には集めきりそうですね。12星座の力をあわせた合体必殺技とかありそうですよね。豪華になりそうで楽しみです。

 

パーティ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

帰ってきて、謝ったとうまに両親が言った言葉が

心配したよ
笑ってとうま、笑顔。さぁパーティーだ!

だけですよ、細かい事は言わなくてもわかってるよと言わんばかりの短い言葉。この家族の温かさと包容力が伝わってきます。えれなの性格はこの家族あってこそだな、と改めて思います。

料理

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

パーティの料理ですが、メキシコ料理に混じって、それぞれが持ち寄った食べ物があるのが良いですね。

10話の惑星クマリンのピクニックにて、それぞれが持ち寄ったのが
ひかる…おにぎり
ララ…コスモグミ
まどか…サンドイッチ(えれなはメキシコ料理だろうから、消去法で)
でした。今回もサンドイッチがあったのでこれはおそらく、まどか持ち寄り。コスモグミはありませんがおにぎりはありました。よっておにぎりは、ひかララの合作という事ですね。緑の具もありましたし…(さすがにこじつけかな)

ひかるのおにぎりも、梅干しオンリーじゃないと思うのでその時々のララの反応を想像すると楽しいですね。

ぜひ!!おにぎりを皆で作る回、やりませんか?ララは絶対コスモグミ入れるし、まどかにはハチャメチャな何かを入れてほしい。

オチでプルンス

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第14話本放送より引用

ハラペーニョって食べたことないのですが、実はそんなに辛くないらしいですね。今度メキシコ料理食べに行こうかな。
オチ担当も含めてプルンスは本当優秀ですね。

次回予告

ま、まおたん??また不思議なキャラが増えます、楽しみですね。