スタプリ 第47話 本編感想

【スタプリ第47話のネタバレがあります。ご注意ください。】

スター☆トゥインクルプリキュア 第47話
「フワを救え!消えゆく宇宙と大いなる闇!」

決戦前

ノットレイダーの保護

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

戦いの後の悲惨な情景。

描かれていないだけで、この規模の戦いだと普通に死者が出てそうな勢いです。

ダークネストに騙され操られていたということで、今まで敵対していた人達と肩を揃えて最終決戦に向かうという流れ、最高にアツい展開で大好きです。

「ダークネストに操られていた」よりかは「全ての登場人物がスタープリンセス達に操られていた」の方がしっくりくるかもしれませんね。詳細は後述します。

管理職ガルオウガ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

起きた瞬間に仲間の心配をしたり、自分が何も出来ず故郷が滅ぼされた事を悔やんでいたりする所から考えると、ガルオウガは仲間想いの良い人ですね。

アイワーンに助けてもらった事を感謝し、アイワーンが気にしていた「裏切り者を組織に入れてしまった件」に全く触れないのも良かったです。

パレスの場所

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

忘れたであるか、グーテン星でノットレイダーの星の座標を探していたのを

ノットレイダーの星の座標を探っていた事がここで生きてきます、やはりスタプリは伏線回収がうまし。

 

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

守ろう、皆の宇宙を!
私は、彼女たちを信じるである

この敵味方が一丸となって最終決戦に望む感じ、ほんっとアツいです。

それでいて「今まで敵対していた人達を信用できるか」という疑問にそれぞれのキャラクターが答えを出しているのも良い。

プルンスとユニ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

何も知らなかったわけ?
長らくお仕えしていたでプルンスが、初耳でプルンス

このプルンスの表情、演技から「自分は全力でお仕えしていたのに、何も知らされていかなった」というショックをひしひしと感じます。本当可哀想。

こういった複雑な質問を遠慮無しにストレートに投げつけられるのはユニの強みですよね。この状況でこの質問はおそらくユニにしかできない。この関係、ちょっといいなーと思いました。

蛇遣い座のプリンセス

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

我が、新たなる宇宙を創る!

蛇遣い座のプリンセスは、他のプリンセス達とはイマジネーションに対する考え方が合わず敵対しましたが、人類を憎んでるわけではなくて「自分が考える理想の宇宙」があるんですよね。

イマジネーション、想像力の無い世界ってどんな感じなのでしょうか。

スタプリにおいてイマジネーションはほぼ「感情」と言えるほど広い意味を持ってきていると思うので、感情の無い管理国家みたいな感じになるのでしょうね。

 

チラッとウロボロスっぽい表現も出ていましたが、ウロボロスって、「完全」とか「永遠」とかそういった強い意味を持っているので(蛇ってその辺の伝承には事欠きませんが…)単体で行動するプリンセスで力を持たせるには適任な感じがしますね。

カッパード

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

決めつけは無しルン
うまいっ

カパひか民歓喜ですね。まぁ、そうでなくても胸が熱くなるシーンです。

「異星人は分かり合えない」と決めつけてきたカッパードが、この作品において真っ先に分かりあった異星人コンビに、同じ方法で分かり合おうとしているわけですよ。ララがその時の言葉を繰り返しているのもたまらないです。

もしカッパードがノットレイダーではなく普通に地球に来ていて、ひかると出逢ったとしたら、ひかるはララにしたのと同じように、こうしておにぎりを振る舞っているのでしょうね。

テンジョウ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

コマちゃん達を救ってくれた。礼を言うわ

何が良いって、テンジョウが仮面をつけていない所ですね。テンジョウにとって仮面は過去の象徴ですし、自分のコンプレックスを隠したいという気持ちの象徴でもあります。

その仮面をつけないで、えれなと笑顔で語り合う。これが見たかった、ほんとに…。

アイワーン

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

めちゃくちゃクセがある宇宙船だっつーの!
コツがいるにゃん

素直じゃない同士、本当微笑ましいです。アイワーンロボがもともとユニの宇宙船だった設定、正直忘れてました。

ここ、「闇のケミストリー!」ってアイワーンが言った後に開く場所なので、あの部分が開かなくて慌てるNGシーンを想像してしまい、ニヤニヤしていました。舞台裏でユニにコツを教えてもらうみたいな。

ガルオウガ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

皆さんが心の底から受け入れているのか、私にはわかりません。
でも、私は、ただ前を向いて歩いていきたいです

ガルオウガに対する、まどかの回答があまりにも格好良すぎる。本当に中学生なのだろうか…

「上の言う通り行動していれば、力を得ることができる」を実践していたガルオウガが失敗したのを見て、まどかはどう思っているのでしょうか。散々はぐらかされている、まどかの進路が気になります。

ノットレイ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

ノットレイ達にプルンスタードーナツを振る舞うプルンス。そういえばプルンスは第42話でこんな事言ってましたね。

スタードーナツの美味しさは全宇宙的でプルンス!…プルンスが、伝えてみせるでプルンスー!

プルンスならできる、環境に負けないで頑張ってほしい…!

最終決戦

ノットレイダーの支援

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

前にもそう言ってすぐやられたにゃん
今回は違うっつーの
我らノットレイダーの力、見せてやるぞー!

皆の「ここは任せて先にいけ!」ですよ、あー格好いい!こういう展開大好きです。

そしてこの時の劇伴、曲名はネタバレになるので書きませんが「映画 スター☆トゥインクルプリキュア ~星のうたに想いをこめて~ オリジナル・サウンドトラック、トラックNo.24

変身バンクBGMのアレンジが入っているやつです。これめっちゃくちゃ大好きなんです。本当に格好いい。

スタープリンセスの秘密

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

想像力を巡らせてつくる世界を
与えたイマジネーションが歪めばどうする、宇宙の秩序が無くなるぞ
前へと戻すべく浄化する、プリ、キュアの力が

pre(以前へ)cure(治す)、という意味で「プリキュア」を使ってきた事に驚きました。今まで「プリティでキュアキュア」で長年親しんできた分、全く想像つきませんでした。

前回もチラッと書きましたが、やはり丸く収めるには「蛇遣い座のプリンセスに歪んだイマジネーションも人に必要な要素のひとつ」と納得してもらう事が一番だと思うんです。蛇遣い座も人類そのものを嫌っているわけではないので。

イマジネーションの力の根源

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

自分達のイマジネーションの力、その半分を命に与えた

単純に聞いただけでは「へー、そうなんだー」で終わってしまいますが、当事者となって考えると結構キツいですよね。

今まで自分達のイマジネーション、自分だけの発想だと信じてきた事が「もともと他人の考えで、それを模倣しているだけに過ぎない」というわけです。

「そんなわけない!自分の考えだもん!」という反論に対して「どの星にも十二星座の記憶がある」という回答を用意しているあたり、本当に手が込んでいます。

配置してある星はバラバラでも、人々が勝手に十二星座を描いてしまうのでどの星にも存在するというわけです。

それを踏まえると「描こう、私だけのイマジネーション!」という言葉が大変重く感じます、つらい。

フワと器

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

フワは器なんかじゃない!
どういうことでプルンス…プリンセスー!

ここの演出本当にうまくて、なおかつ伏線回収も凄まじいです。

まず、「フワは器ではない」というスターの言葉に対して、スタープリンセスは否定しません。この時点で大問題です。

なぜなら第1話にしてスターがノットレイダーに怒っていた理由が「フワを、モノみたいにいうなー!」だからです。第1話からもう既にスタープリンセスとのすれ違いは始まっていたわけです。

 

フワと、トゥインクルイマジネーションで儀式を行うのです
止めねば、宇宙が消えます!

そしてこれ。フワが器だと否定せず、ただ儀式を行って宇宙を救う事のみを要求してきます。スタープリンセスが1人ずつ発言する事によって圧力を強く感じます。まさに多勢に無勢。

 

器はこのパレスに戻る。存在は確実に消える
フワが…消える?

この土壇場で新しい真実が明らかに。儀式を行うとフワは消えてしまうのです。

つまり直前に何も伝えずに儀式を急かしていたスタープリンセスは、今までフワを守ってきたプリキュアに対して、暗に「プリキュアにフワをモノとして扱うように」と要求していたわけです。ひどすぎる。

スタプリの伏線

こうなる事を知っていたなら、もっと無機質な器にしておけば良かったのに。と思いますし、この出来事によってスタープリンセス達に対する不信感が急上昇です。

正直私も「最初からそのつもりだったなら何故」と結構苛立ちました。スタープリンセス達はなんでこんな残酷な事を平気でするんだ、と思いました。

でも、そう視聴者に思わせるためにスタプリは第1話から少しずつ、少しずつ積み重ねて来ていたわけです。程度の差はあっても、スタープリンセスって情報隠しすぎじゃない…?とか皆それぞれ不信感を持っていたはずです。

つまり、視聴者のスタープリンセスに対する怒りも計算通りなわけです。

ならば、残り2話どんな展開を用意しているか覚悟を持って観せていただこうじゃないかと、私はそんな気持ちになりました。

スタープリンセスの考え

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

色々考えていた結果、逆にスタープリンセスに人の心を想像する力があまりにも無いことに違和感を覚えました。

スタープリンセス達は力の半分をフワに、もう半分を宇宙の命に渡しているわけで、今スタープリンセス達に力、つまりイマジネーションの力は無いわけです。

なので「宇宙を守る」事を最重要視し、ひかる達のフワに対する想いを想像するほど、イマジネーションの力が残っていなかった…というのはどうでしょうか。

これならば、力を渡していない蛇遣い座が「儀式でフワを失う事を明かせばプリキュア達は止まる」と想像できた事に説明がつきます。

(実際この理屈はちょっと苦しい所がいくつかあります。まぁそこは目を瞑っていただいて)

フワの決意

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第47話本放送より引用

フワが、皆を守るフワー!
皆、今までありがとうフワ!

プリキュアは、フワが犠牲になるとわかった時点で確実に動かないでしょう。

プリキュアは強いですが、女子中学生(大半はね)。宇宙の危機と今まで一緒にいた友達、どちらか選べなんてできませんよ。

そんな中、フワは自分が犠牲になって皆を守ることを選びます。器として、なにか思うことがあったのかもしれません。正直、フワの言葉が少なく、気持ちを想像するのは難しいです。

今までプリキュア達に守られてきたフワが、今度は自分がプリキュアを守る番!と張り切ったのかもしれないですね。フワもプリキュア達を守ろうと何度も立ち上がっていましたが、基本的に守られる側だったので。

 

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第44話本放送より引用

クリスマス回のこの演出、まさかこんな形で回収されるとは…。

ここで私が思ったのは「ここで終わり!!?え…、え…」です。次回予告では蛇遣い座のプリンセス普通に出てくるし、もうどーするの。

次回予告

2話構成どころか3話構成でした!次回のサブタイトルに☆が戻ってきているので、ようやく救われるのかと安堵しています。いや、安堵させてほしい。