スタプリ 第35話 本編感想

【スタプリ第35話のネタバレがあります。ご注意ください。】

スター☆トゥインクルプリキュア 第35話
「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」

次期生徒会長

香具矢まどか

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

新しい発想を持った方にこそ次の生徒会長をやってほしいのです

まどかは何故、今までの指名制をやめて立候補者を募ったのか少し考えてみました。

まどかは、強制とまでは言いませんが立場上「人の上に立つ」事を決められてきた子です。そういった背景を考えるに、自分が指名するのではなく、やりたい人にやってもらいたかったのではないかと思います。そう考えると、誰も手を上げなかった後の物悲しそうな顔も納得です。

姫ノ城桜子

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

焦りは禁物。ここは皆に頼まれて!

前々から生徒会長の座を狙っていた桜子的には、例年通り現生徒会長からの指名待ちをしていたと思われます。

しかし、突然の仕組み変更が起きても、動揺を見せない所はさすが姫ノ城家21代目頭首、大物です。

早く立候補すれば(おそらく)確定なのに、印象を気にしてチャンスを逃してしまう所は、視聴者から見たら「姫ノ城さんらしい」と思う所でしょう。やっぱりパッと出のキャラと選挙バトルするより、もう馴染んだキャラとドラマを繰り広げたほうが感情移入しやすいんですよね。

冷静に考えると、ここで「姫ノ城らしさ」を感じられるというのは凄い事だと思います。なんせ、初登場は「第5話」です。30話も前に姫ノ城というキャラクターは登場し、まどかに憧れており、(後の話ですが)生徒会にも所属しているという事が明かされています。

姫ノ城桜子というキャラクターはこの回のために、あらかじめ登場していたのではないか、と思うほどしっくりきた(展開が自然すぎた)話で本当驚きました。きっとまだまだ活躍してくれると思いますが。

ひかララ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

もちろん、宇宙人の転校生もあり!
もういるルン

なんなんですか、この子達は。仲良すぎて、見ていて幸せになります。このシーンに射抜かれたひかララ好きは数え切れないでしょう、私もその1人です。

今回は終始ひかララが一緒に行動したり、ひかララゾーン(学校のバルコニー的な所)が出たりと、2人の仲良しっぷりとララの平和な学校生活を観ることができて大満足です。

さらっとひかるが「隠したりしないってこと」って言ってるので、順当に行けば最終話付近で異星人バレとかありそうですね。それこそ宇宙星空連合をどうにかしないことには始まりませんが、展開が楽しみです。

フワ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

今回はフワが自主的に隠れてる所もあったり、フォーク使って自分で食べていたりと地味な成長が見受けられます。

じきに自分で食べ物出して食べ始めるんじゃないだろうか(過去にそういう妖精もいましたね)。

選挙バトル

まどかの提案

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

ひかるなら、プリキュアとしても皆をまとめてくれていますし

ひかるの驚いた顔が個人的にツボでした、しばらくそのままなのも面白いです。

スタプリメンバーはひかるを中心に自然にまとまってはいるのですが、「皆を引っ張っていくリーダー!」って感じはしないんですよね。

ひかるが乗り気ではないのを見てユニは「らしくない」って言うんですけど、皆に言われて「やってみる!」って所は、私は逆にひかるらしくないなぁ、なんて思ってしまいました。

ひかるのやりたいこと

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

みんなひかるを宇宙人を見るような目で見てるルン

ひかるが生徒会長になってやると言ったら、UMA関係に話が行くのはもはや当然と言えるでしょう。新しい発想ではあるのですが生徒たちからしてみると「何やってんだ…」なわけでこれも順当という感じです。

 

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

私はそこまでやらなくても…

この言葉を聞いて、あぁ、本当に乗り気じゃないんだなと思いましたね。真剣に取り組んでる桜子に対してもかなり失礼な言葉です。でも、まどかは「ひかるを指名した」という事は揺るがないので、桜子は相当ショックだったと思います。

星奈家

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

やるからには精一杯やってきなさい、勝って奢らず、負けて悔やまず
大変、頑張る、もっと。心配になるわ

結果ではなく、精一杯やることが大事。大人のアドバイスって感じですね。春ちゃんは励まし、陽子さん(お婆ちゃん)は心配する、バランスが良いです。

ひかるが「夢中になっているか」について考えていましたが、この時はどちらかというと夢中って言うより、応援されている事もあり「選挙に勝って皆が望む生徒会長になりたい」という必死さの方が強かったように感じます。

周りが望む生徒会長

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

ひかる、変わったよね。前は、あまり周りのことに興味無さそうだったんだけど

自分の考え(宇宙推し)が、皆に受け入れられない事を再確認したひかるは、まどかがやっていた事を聞き込みし、同じ道を辿ろうとしていました。

まどかから見ると「いつものひかる」でないので心配になるのですが、やっている事は良いことなので、第三者から見るとそれは悪いことではないのですよね(ここらへんでどんな展開になるのか非常にワクワクしていました)。

桜子のやりたいこと

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

姫ノ城桜子のための生徒会長!

桜子のパネルが面白すぎました、ララみたいなパートナーがいないのでソロ活動なのですが、その寂しさを感じさせない圧倒的物量と個性。いったいどれが本物なんだ!

第三者から見ると、確かにただの目立ちたがり屋なんですよね。ひかるとは逆に生徒会の仕事には意欲的なんだけど周りに理解されづらい。

 

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

生徒が話せる観星中に

まどかは相手の一歩先を行く生徒会長だったけど、桜子は別ルートで皆の声を聞く生徒会をやろうとしているんですよね。周りから「目立ちたいだけ」と言われても言い返さず、影で活動を続ける…ここまで学校の事を考えて行動しているのに、成り行きで生徒会長になってしまいそうな同級生がいる、本当辛いです。

カルノリ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

でもさ、どうして桜子の部屋やりたいとか、お茶会やりたいとか、知りたくならねぇ?

ひかるの事も、桜子の事も頭ごなしに否定せず、ただ「おもしれぇ」と言い続けた彼は、実は一番大人なんじゃないか説が出てきたカルノリ。でも人に説明するのは下手だと思う。

桜子は周りに理解されづらいスタイルですが、カルノリのように直接は知る機会が無かっただけで、桜子の事を好意的に思っている人は結構いたのではないかと思っています。

桜子ファンクラブがあってもおかしくはない

桜子とポスター

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

さっきはお前の絵を破ろうとしていたぞ

桜子の表面的な行動だけ見て判断している生徒と同じく、カッパードは正に桜子を理解していない人?なので、ポスターを破こうとしていたと決め付けています。

桜子は直そうとして、その後色々考えちゃって強く握ってしまったような感じなので本当は破こうとなんかしていません。こういった所で、桜子の「理解されづらい」という特徴を再確認させているの、うまいなぁと思います。

ユニ

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

猫の集会やってるユニがまぁかわいい。どうしても取り上げたかった、それだけです。

戦闘シーン

カッパード

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

敵を知れば弱点もわかる。倒すのに好都合というもの

この弱点という考え方って、ひかるが選挙で桜子に勝とうと必死になっていた時に無意識に考えてしまっていた事なんですよね。「桜子が学校に遅く残っている」に対する言葉が「選挙に勝つ秘策があるのかも!」だったので。

そんな少し前の自分の考えを敵が言い、成長したひかるはそれを否定できる、いい演出です。

 

そういえば、カッパード的には久しぶりの当たり武器でしたね(武器のせいにしなかったので)。カルノリ以来?

謎の光

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

分かり合うため。意味なく、なんか無いよ!きっと、そこからきっと生まれるんだ、キラやば~☆なものが!

(おそらく)トゥインクルイマジネーションに関する成長でしょうね。これなら前回のソレイユも覚醒しても良かったんじゃ…と思いますがそれはそれ。

しかし、特に新アイテムも新技もでず、更にプリンセス達もほとんど解説もしないという放置っぷり。スタプリは現状を解説してくれる人が全くいないのがちょっと気になる所です。もうちょっと当事者に情報を与えてあげてよ!

選挙バトル

戦闘後

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

ひかると顔を合わせた時の桜子の表情、そしてそれに対するひかるの表情。本当に絶妙な表情で、見ていて声が出ました(もう半泣き状態だった)。

是非一時停止して見てみてください。色々な想像が膨らみ、心を掴まれると思います。ほんっとこの2人の表情好き。

演説

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

全力で、姫ノ城桜子さんを応援します!

他のプリキュアでも似たような流れがありましたね(魔法つかいプリキュア!)。選挙戦からのこの流れ、曖昧が表現ですが、私はプリキュアらしさを感じてとても好きです。勝ち負けじゃない、重要な事はまた別にある…というような。

次期生徒会長

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

姫ノ城さんは、自分のやり方で頑張ろうとしてた!夢中になってた!

次期生徒会長を任命された桜子が泣いているシーンを見て、だーだー泣いていました。その涙の理由は、今までずっと憧れていた生徒会長になれたことより、自分を理解してくれる人が出来たこと(それに気付けた事)が大きかったと思います。

今まで影で「目立ちたいだけ」と言われながらも地道に学校のために活動してきた桜子を想像すると涙が止まらないです。良かったね…。

観星中の銀河

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

あなたは、そうね…観星中に銀河におなりなさい
ぎ、銀河ルン!!?

濁点多めなララに笑いつつ、銀河ってなんだよ!となる視聴者、私です。桜子は、ひかるのどんな所を見て銀河だと思ったのでしょうね、気になります。

そしてこれからこの称号がどのような働きをするか、楽しみです。

エンディング

©ABC-A・東映アニメーション スター☆トゥインクリキュア 第35話本放送より引用

エンディングが映画仕様になっていましたね。そういえばもう来週末公開かぁ、次回はオープニングも映画仕様になっていそうです。

振り付けで星を作る所があるのですが、今までのエンディングの表現の仕方違っていて新鮮でした。こっちの振り付けのほうが好きかも。

次回予告

ブルーキャット再登場!盗みの掘り下げ回と同時に、どうやら映画との連動回だそうな。さてはて何が起こるのでしょう。楽しみです。