ヒープリ 第7話 本編 感想

【ヒープリ第7話のネタバレがあります。ご注意ください。】

ヒーリングっど♥プリキュア 第7話
「大スクープ!?のどかの秘密」

日常パート

益子道男

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

プリキュア5、ハピネスチャージに続いて久しぶりの報道系キャラの登場です。
定番の「マスコミか(よ)!」の掛け声が無かったのはちょっと残念。

どんな時でも新聞部と呼ばれることを嫌がり「すこ中ジャーナル」と訂正するこだわり、独特な口調と仕草、第一印象は「あぁ、こういうちょっと面倒くさい人いるよね…」って感じでした。

かなりクセの強いキャラで、一見ただのストーカー兼ウザキャラなのですが、1話終わってみると(後半の展開もあり)前半の嫌な感じがほとんどなくなる不思議な子でした。
たまに出てくるくらいで丁度良い、でも印象深いから忘れづらい。いいさじ加減だなーと思っていたら、来週も出るのか益子道男

まぁ陸上大会は新聞部的に外せないイベントだと思うのでいない方が不自然ですね。

ビョーゲンズ疑惑

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

君は…あの怪物を呼び寄せている、張本人ではありませんかぁ!?

のどか達は、周りを気にせず普通に変身してるためまぁ目撃されて疑われるのも仕方ない…と思いきやプリキュアの事は知らない様子。

つまり引っ越してきた時期と目撃情報が出始めた時期が同じってだけで疑っているというわけで、かなり強引な推理なのですが、結果当たっているのでなんとも。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

プリキュアの正体は絶対に知られたらダメなんだペェ
そうなったら…
さぁ?

あれだけ追跡されていればプリキュアバレするのも時間の問題って事で、事情を話すかどうかのヒープリ会議。
散々深刻そうに言っておきながら、いざ理由を聞くとこの抜けた顔ですよ、なにこのへっぽこ妖精枠!かわいい、かわいいんだけど頼りない…!

ラビリン達の反応を見るに、おそらくテアティーヌ様に言われていたのでしょうね。その理由については誰も聞かなかった、もしくは誤魔化されたとかそんな感じでしょう。

なんだかんだ最後までこの理由は明かされなかったりして。

登校シーン

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

ここに注目していきたい。なんと、ちゆひなた一緒に登校しているんです!

少し前まではあんなにギクシャクした関係だった事を考えると大変によきよき。

ちゆのサポート

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

一日中付きまとわれているのどかを救うための作戦その1
注目を集めるために県大会記録更新に挑戦してみたら見事に成功、ちゆ自身も、周りも驚いている事から初めての出来事だと思われます。

唯一陸上部で名前が公開されている「りょうこ」も出てきて、次回への伏線がこれでもかというほど張り巡らされています、すごい。

この記録を見て普通に喜んでいる道男がちゃんと描写されているのが良いです。

ひなたのサポート

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

一日中付きまとわれているのどかを救うための作戦その2
「(道男のキャラ的に一番書いてもらえなそうな)記事ネタをオススメしまくる」ひなたにしては頭脳派?な作戦な気がします。

のどかを助けるためという理由もありつつ、半分くらいは本気で記事にしてもらいたい感が面白いです。そしておそらく需要がある(先生に注意されそうですが)。

そういえば、ひなたは部活やっていないのでしょうか。のどかも部活を始める様子がないので、放課後の描き方が気になるところです。

のどか

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

ちゆひなのサポートは時間稼ぎにしかならず、結局尾行されてしまうのどか。

のどかの服装から考えると一旦帰宅した後、ラテの散歩か何かの理由で外出したものと思われます。尾行されているから家にこもっていよう、と考えないのは、のどか自身あんまり尾行されている事を気にしていないのかもしれません。

しかし、2回も見失ったのに尾行を続けている道男は花寺家を特定して出待ちしていたのかもしれません、なんてやつだ…。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

僕の尾行のせいですね…やりすぎました
取材する相手に敬意を払うことを忘れては、ジャーナリストとは言えませんから

なんとなく、のどかが走りだしたのは「ちょっと追いかけっこしてみたい」みたいな軽い遊び心があったように感じます

ラテを抱えている関係で転んだ時に受け身を取れないのが本当に痛そう。のどかもラテも無事で良かったです。おのれ道男(反省しているならまぁ、良しとしましょう)。

道男の話

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

雨上がりの蜘蛛の巣、見てみたいなぁ
初めて記事を書いたときの気持ちって、きっとその雨上がりの蜘蛛の巣と同じように、キラキラしてたんだね

今の道男のやり方はとりあえず置いておいて…

「雨上がりの蜘蛛の巣の話」は道男の人の良さと、報道に対する純粋な気持ちが感じられる良いエピソードでした。その時の感動を今後も忘れないで活動してほしいな、と思います。

一日中つきまとわれていたというのに、道男に対してこんなキラキラした言葉をかけてあげるのどかが優しすぎます。

戦闘シーン

グアイワル

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

冒頭ですが、頭の作りが違うとか言い出したと思ったら、いきなり頭で大きな岩を割るという文字通りの脳筋っぷりを見せつけてくれました。

シンドイーネが「アタマデワル」と言っていて、一瞬「頭が悪い」の変形かと思いましたが、冷静に考えてみると「頭で割る」ですね。私の頭が悪い。

嫌々答えてやるみたいな事を言いつつ(内心嬉しいのでしょうが)インタビューに答えようとしているあたり、後半は割とフレンドリー?になりそうで楽しみです。

メガビョーゲン

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

今までの流れから考えると「雨上がりのしずく」はどちらかと言うとシンドイーネが汚染する対象な気がします(第6話感想参照)が、出てきたメガビョーゲンが「傘」をモチーフにしたものだったので、「植物、水、人工物」とまだこじつけが効くなぁ、と思いました。

自然に集まる3人

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

いやぁ~なんか、のどかっちに会いたくなっちゃって
そうなの。さっきそこで一緒になって

なにこの子達、めっちゃ仲良い!!プリキュアのこういう所、好きです。
まだ第7話…いやもう7話ですかね。まだ全体の15%もいってないわけで、これからこの3人がどんどん仲良くなっていくのが楽しみです。

益子道男

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

おだてればグアイワルから色んな情報を聞けたというのに、まさかのメガビョーゲンに取材したせいで音声くらいしか入手できない残念なジャーナリスト。えぇ…。
勘がいいのか悪いのかわかりませんね。

メガネを落としてプリキュアの変身が見えない…というよくある展開。でも声は聞こえるし、解決した後に3人組がいるのはめっちゃ怪しいわけですが、感づいたとしても道男は知らないふりをしそうな気がします。実はいいヤツ。

後で「あんなのバレバレじゃないですか」みたいな事言ってほしい。

実りのエレメントボトル

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

実りのエレメントボトルきた!新必殺技がくr…来なかった。
なんかよくわからない攻撃方法が追加されました。ちょっと残念。

エピローグ

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

友達同士が仲良くする、当たり前すぎて記事になりませんよ。では失敬!

実は私の友人に道男に似た雰囲気の友人がいまして、登場した時から「ちょっと似てるなぁ」と思っていたのですが、このポーズを見た瞬間この2人が完全に一致しまして「こういう事する!!”では失敬”言う!わかる!」って大笑いしちゃいました。

なんだかんだ言ってプリキュアの事はバレたので「プリキュアと怪物」については記事になってもおかしくないですね。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

これで一安心、よきよき!

なにそれ、かわいすぎる。使っていきたい。

映画の延期

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第7話本放送より引用

我が勝利の記念日は延期だ!

グアイワルさんの勝利の記念日と同じく、プリキュアの春映画も延期になってしまいました。仕方ない事ですが、やっぱり残念ですね。

早く落ち着いて、平和に映画が観られるといいなと思います。

次回予告

ちゆの陸上部回。予告からすごい回の予感がバリバリします。めっちゃ楽しみ!

0