ヒープリ 第24話 本編 感想

【ヒープリ第24話のネタバレがあります。ご注意ください。】

ヒーリングっど♥プリキュア 第24話
「いま行きます!お手当てを風に乗せて」

日常パート

日曜日

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

楽しみだね、日曜日

すこやか市の近く(?)のおおらか市。私も辺境の地に住んでいるのでわかるのですが、電車で2時間はそこそこ遠くで、中学生からするとちょっとした冒険な感じがします。

湖畔の自然を写した写真を見たアスミがめちゃくちゃ良い笑顔しています。思わず一時停止しました。この笑顔を見ちゃったら「やだ!カフェ行きたい!」なんて言えないですよね。

提案の場所ではなくなってしまったけどノリノリなひなたの「もっちろん!」の言い方が可愛い。ぶっちゃけ皆で遊びに行ければどこでも良いのでしょう。その気持ちわかります。

湖畔

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

めっちゃ気持ちいいー!

ペギタンが水着じゃなくて普通に泳いでる…あのシーンはちゆの想像でしたね(第12話、特訓回)。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

ちゆちーめっちゃ本気じゃん!

前回のドッグランではちゆだけが走っていてアスミは見ている側でしたが、今回一緒に競争できて2人共楽しそうで見ていて和みました。

それにしても、サンダルでちゆの足に相当する速さとは…さすがは追加戦士枠ですね。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

こういう平和な感じの映像がずっと流れているのも良いものです。それぞれが思い思いのお弁当、ジュース準備していて癒やされます。

しかしそろそろ物語の中盤、今年はいろいろズレてるので予想がつきませんがこの平和が嵐の前の静けさで無いことを祈ります。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

アスミちゃん、なんか自然とお話してるみたい。言葉がわかるの?
想いが伝わってくるのです

アスミは「精霊のようなもの」なので、登場当時は自然と会話できるんじゃないかとか言っていましたが、エレメントさんと会話する時は聴診器を使っていたので会話できるわけではないんですよね。

言葉はわからないけど、風で自然の想いは伝わってくるっていうの格好いいです。

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

巣から落ちちゃったのかな、怪我してるのかも

サクヤさんが止めに入るより前にラビリン達が止めに入っているのでヒーリングアニマル達は巣立ち途中の雛に対する対応を知っていたみたい。博識です。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

野生の鳥や動物はさ、人に感染する病気を持ってる場合もあるから素手で触っちゃだめだよ

軍手で運ぶ動作も描かれていて、丁寧だなぁと思いました。

都会では微妙かもしれませんが、落ちている雛を怪我だと思って持ち帰る話は割とよく聞きます。この回で知識を得た人たちが同じ場面に出会ったとしたら、正しい行動が出来たら良いですね。

「人に感染する病気」というところもポイントです。バテテモーダも、ネブソック(後述)もそういった「病原菌」があるので敵幹部候補になるのでしょう。

樹サクヤ

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

おおらか市で樹木医をやってるの
ここにいると、心が休まるの。私の大好きな場所

サクヤさんは木のお医者さんとのこと。のどか達が言っていた「地球のお手当て」という表現もぴったりです。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

木が、話してる
風が吹いただけでしょ

風って、自然の想いを届ける力を持ってるんじゃないかな、なーんて、私の思い込みだけどね

ちょっとひなた!思ったことをすぐ口に出すタイプなんだろうけど、ここで茶化さないの!そこで「私の思い込みだけどね」ってサラッと流せるあたり、サクヤさんも大人だなぁと思います。

戦闘シーン

ダルイゼン

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

なんかもう少し面白い使い道…

この前気にしていたダルイゼンのあまり1個は実験に使う様子です。

つまりメガパーツの採取数は構成的に考えられているということ。つまり大量に採取してしまったグアイワルはどこかの場面で「一気に大量にメガパーツを使う」という事になります。

となるとメガビョーゲンに一気に使用するか自分で食べるかの2択。うーん…

メガビョーゲン?

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

進化途中だと、メガビョーゲンみたいに蝕む力が残るんだ。ちょっと出てくるの、早かったな

(おそらく)のどか達が出会った雛が、ダルイゼンの実験の対象に。野生の動物が敵幹部(候補)になるのはこれで2例目なので比較してちょっと考えてみたいと思います。

まず、野生の動物のように病原菌を持っている必要性があるのは確定でしょう。

成長度合いで能力が変わり、バテテモーダレベルが最終形態だと思います。ただメガビョーゲンとはまた別物の様子。

今までの出来事から推察すると、メガビョーゲンの成長度としては以下の通りのようです。

①メガビョーゲン
出現直後。
②メガビョーゲン(メガパーツ使用)
メガビョーゲンにメガパーツを使用。メガパーツが採取でき、見た目が大きくなり能力が向上。
③メガビョーゲン成長後
メガビョーゲンが出現してからかなり時間が経って成長したもの。メガパーツ使用後時間経過でもこの段階に成長するとみられる。メガビョーゲンの種のようなものを産み出す。

バテテモーダは好戦的(ヌートリアの習性)、今回の雛は高い所が苦手と、元にした動物の性格を反映するのも確定っぽいです。

メガパーツ使用ではバテテモーダレベルまで到達しなくて、どちらかというとメガビョーゲンよりなので蝕む力が残っていてプリキュア達に感知されてしまうのが難点みたいです。

まぁあの頻度で採取できるメガパーツひとつで幹部1人出来ていたら、病原菌感はあっても収拾つかないですもんね。

ニュース

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

大変大変!これ見て!

ヒープリはニュースにSNSと、とにかくよく目撃されますよね。謎の怪物、すこやか市だけでなくおおらか市にも出現!とか言われてるのかな。

UMAですよ!UMA!

アスミの力

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

あれを通れば、湖に行けます!

サブタイトルの「お手当てを風に乗せて」は比喩的な表現かなと思っていたのですが、直接的にこの事を指していたんですね(どちらもありそうですが)。

ワープできるプリキュアは久しぶりなので物語の幅が広がるんじゃないかなと思っています。どこか遠い所に旅行に行けたら面白いですね、片道ですが…。

ネブソック

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

おいらはネブソックって言うんだぞ!

このタイミングで新キャラですかぁ、わざわざ名前付けて出してきたからにはバテテモーダみたいに幹部になるのかな、なんて思っていたらあっさり退場しちゃいました

成長途中とはいえ、強化メガビョーゲンなのでアース以外は押され気味でしたね。パワーバランスがしっかり描かれているなと感じました。そう考えると、あんまり今まで強い描写がないダルイゼン達は実は凄く強いのかも?

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

…その程度か
高いとこ、超おっかねー!

褒められたいネブソックとがっかりするダルイゼンの組み合わせ、先輩を出し抜こうとするバテテモーダとは対照的で面白いですね。

雛だから高いところ怖いって言ってるのに、落ちてきたところを容赦なく3人で蹴り上げるのはえげつなくて笑いました。

エピローグ

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

サクヤさんが気が付いて、木も草花も湖も喜んでいます。私の思い込みです

サクヤさんの「思い込み」をアスミが使って返答しているのが格好いいです。アスミも随分表情豊かになってきて視聴者としても嬉しいです。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第24話本放送より引用

あれはとても力を使うので、続けてはできないのです
電車賃足りるかなぁ…

お使いを頼まれているちゆ以外はお金持っているのかわかりませんし、のどかはアスミの分も払っているはずなので中学生のお財布的にはかなりキツそうですよね。

プリキュアに変身して走って帰るという手もありますが電車2時間分はさすがに遠い。

次回予告

とうとう来ましたペギタン回!格好いいところ見たいので楽しみです。

0