トロプリ 第13話 本編 ゆる感想

トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話のゆるーい感想です!

トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話
「ドタバタ校内放送!響け、人魚の歌!」

日常パート

お昼休み

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

今日のお弁当もトロピカって…!

大好物のハンバーグが入っててトロピカってるまなつが可愛い!ハンバーグを最初に食べるのか、最後に食べるのか気になるところです。

こんなに喜んでくれていると、作ったお母さん視点も絶対嬉しいのでこの光景を見せてあげたいです。でもきっとそんな事しなくても察してるかなー。

多分初めて描かれたと思うのですが、通常時のお昼ご飯はまなつ、さんごペアで食べてるんですね!よきよき。

てっきりあのクラスメイト3人衆と一緒に5人で食べてるのかなーって思っていましたが、今回みたいにローラが急に話し出す事を考えるとこの2人で食べるのが、一番ローラがのびのびできるのかもしれません。

あと、早速今週の「はぁ~!!?」いただきました。

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

皆さんは、人魚を信じますか?

今回の話の中心となる放送委員会。

最初に今学校で話題の「人魚」を使い、かつリスナーに対する質問形式で注意を引く、その話の構成の仕方がお昼の放送を聴いてもらおうと色々工夫しているのがわかって好感が持てます。

ローラの歌声

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

ねぇ、ローラは船沈めたことあるの?

見てくださいこのめっちゃ不機嫌な顔。かわいいね?

人魚側からすると完全に風評被害なのに、まなつの1ミリの配慮もない質問には笑いました。

まなつらしいっちゃそうなんですけど。

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

人魚は皆、歌が大好きなの
私、ローラの歌少しだけ聴いたことあるよ

ローラの回想シーン、皆に囲まれて楽しそうに歌っていて、めっちゃほっこりします。

グランオーシャンは今やる気を奪われていて、こういった情景は見られないのですが、全くしんみりする事なく話続けるローラに強さを感じました。頼もしいです。

 

そうそう、3話でさんごが初めてローラに会えたのは、ローラの歌声を聴いたからでしたね。

気になってもう一度そのシーンを観てみたのですが、なんと!今回の挿入歌「なかよしのうた」の鼻歌バージョンでした。きっとお気に入りの歌なんでしょう。

そう考えると当時、まなつが友達と遊びに行き、置いてけぼりの中「ひとりでもぜーんぜん楽しいしー」って言いながら歌っていたのが「なかよしのうた」ってわけです。

口では「ひとりでも」って言っておきながら、本当は「ひとりで歌うより、友達と歌いたい」って歌を歌っていたわけです、こんな真実を10話越しに突きつけられるとか、もう鳥肌おさまらないです。

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

ローラ!ちょっと歌ってみて
ヤダ、お断りよ。人魚の歌は見世物じゃないわ

ちょ、まなつ!ポッド振るのやめてあげて!!

ちょっと意地になってるのかもですが、ここで簡単に歌わないのがローラの格好良いところです。

気持ちが乗ってないと良い歌にならないっていうのをわかっているんでしょうね。

放送委員

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

同じクラスの、放送委員

仲良さそうでなによりです。

放送委員の小森いずみさん、みのりん先輩と同じクラスって事で2年生、後輩という事で林田ゆきえさんは1年生ですね。

放送委員が2人、しかも3年生がいないって実は不人気委員会なのでしょうか。

私が学生の頃は人気がある委員会なイメージがあるのでちょっと意外でした。

トロピカる部参戦!

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

トロピカる部、出まーす!お昼の放送に出演させてください!

他部員に全く相談なしに思いつきで「出ます!!」っていう行動力、さすがトロピカる部無鉄砲担当、夏海まなつです。

でもこの無鉄砲さが無かったとしたら、ただの普通の1日になるわけで、今回のめっちゃ良い話もなかったと考えると、こういう振り回され方も良いなーって思います。

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

トリは私に任せて。…未来の女王のトークをじっくり聞かせてあげる
ローラが出るのはまずいんじゃ…

「人気者」って単語にピンポイントで反応して、めっちゃやる気を出してるローラに笑いました。

女王になる理由も人気者になれるから!とかそういう単純な理由の可能性ありますねこれは。

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

いいじゃないちょっとくらい

この表情めーっちゃ好き。このあとのふくれっ面もすごい好き。

前回校内を散々騒がせたのにもかかわらず「声だけなら」とか「ちょっとだけなら」とか全く懲りてないのがとってもローラらしいです。

放送の見学

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

お昼の放送の見学?
どんな感じか見てみたくって!

トロピカる部会議で決まったのか、事前に見学を申請しているのが計画的で感心しました。

ちゃんと小森先輩の同級生のみのりん先輩も立ち会っていて根回しもバッチリです。

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

ジャンボパフェの話、困り笑顔で見ている林田ゆきえちゃんがお気に入りポイントです。

放送のネタのために小森先輩が思いついて、2人で食べに行ったんじゃないかなーって思っています。

あまりの量にギブアップ寸前のところ、ゆきえちゃんが助けに入ろうとするも「1人で食べきらないと放送のネタにならないから」と止められて「仕方ないですね」って困り顔して見守ってそう。良いですねー。

トロピカる部出演

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

ごめん、台本が難しいので…喋ります!!
えっ!?

開幕大声で注目を集めるところだけは成功(?)しているのかもしれません。

あんなに分厚い台本を用意しているのに完全無視で進行とか、機材担当としては頭を抱える展開ですが…。

自信満々に「やります!」って言うわりに何もわかってないし、「おっけー!」も元気だけ良くて何もおっけーじゃないのに笑いました。これが夏海まなつだ!

 

メンバー紹介しまーす、まずは、さんご!

まなつの無茶振り、さんごに行きがち。

普通に話せばトークできたんでしょうけれど、例の黒い虫のせいで気の毒な結末になってしまいましたね。顔に張り付かれるのはさすがにキツいです。

このドタバタ感を違和感なく演出するためにヘッドホンが全部無線なのかなーなんてしょうもない事考えながら見ていました。

雑にフォローしますが、向日葵をサクッと読める中学生すごいと思いますよ!

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

めしとったりー!外に逃してくるね

素手で行くのはすごい、野生を感じます。

島ではありませんが、田舎民として室内に入った虫を捕まえたら外に逃がすその気持ちは結構わかります。

外出たらいっぱいいるし、室内に乱入するなんて日常茶飯事なので1匹殺してもねぇ…みたいな。

ローラ出演

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

ローラ、出てきちゃダメじゃん!
そのスカート、手作りか?
これ生放送なのに
このまま行くしかない

この散々な状況に見かねての(?)ローラ出演。

みのりん先輩だけ妙に思い切りが良いのが面白いです。

出てきちゃダメって言われても「尾ひれさえ隠せばどうにかなるでしょ!」ってスカートをせっせと準備しているローラの姿が目に浮かびます。

でもローラ、腕にもヒレあるからね!?

ローラが出てきてハチャメチャな展開になるのかと思いきや、全員に話すタイミングを無理矢理作ることでトロピカる部員それぞれの特徴を引き出し、なおかつオチも綺麗につけるという完璧な采配でした。

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

あんな感じで、大丈夫?
台本とは違うけど、面白かったです

お昼の放送として良かったかは置いておいて、聞いていて面白い放送だったのは間違いないと思います。

ローラのお手柄ですね!

戦闘シーン

ヤラネーダ

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

あとはエンディングのフリートークだけです、どなたかお願いできますか?
うん、エンディングトークは…ローラ!
いいわよ、トリは任せて

またすんごいタイミングでのヤラネーダ襲来です。

アイコンタクトで全てを察し、お互いにうなずくのが格好良くてシビれます。

なかよしのうた

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

悩んでる時って気分だだ下がりよね。そんな気分をあげたい時は…私の歌を聴きなさい!

はい来ました、挿入歌「なかよしのうた」!!

ローラの美しい歌声と、温かい歌詞が素敵すぎて、こんな放送流されたら心を奪われてしまうのも当然のように感じます。

気持ちよさそうに、本当に楽しそうに歌うローラの姿も合わさって涙目になりながら、心が洗われるような気持ちで聴いていました。

世界各地に噂される人魚の歌声も、この美しい声に惹かれたからこそ残っている伝承なのかもしれませんね。

他の皆がヤラネーダと戦っている中、ローラがただのやる気パワー回収要員じゃなくて、形は違えどトロプリメンバーとして「戦っている」のが本当最高です。

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

では皆さん、ごきげんよう
歌、素晴らしかったです!!

ローラの言っていた通り、次期女王の器を見せつけられました。本当、素晴らしかったです。

前回の出来事で調子に乗っているのか、足無しで人前にガンガン出るようになったのがちょっと予想外で面白いです。

確かにゆっくり歩く分にはすり足に見えなくもないですが、急いでピョンピョンしてる時はさすがに不自然ですね。ぺちゃ音もしていますし。

 

ちょっと気になるポイント、今回くるるんが出ていないです。

まぁでも、くるるんの事だからぐっすり寝てるとか、まさかのスケボーで校内を練り歩いているとか多分そんな感じでしょう。

今日の名乗り口上

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

悩みも吹き飛ぶ!トロピカル~ジュ!プリキュア!

前回に引き続き、とりあえず吹き飛ばしていくトロピカルージュプリキュア。

トロプリ名乗り口上、吹き飛ばしがち説が出てきました。

戦闘シーン

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

しつこいぞ!いい加減失せろよ!
嫌だもんね!ローラが来る、それまで、頑張る!

ローラが来るまで浄化技を打てないので、時間稼ぎのような戦い方をしていたのでしょう。

チョンギーレが「しつこい」と言ったのにもそんな背景がありそうです。

エピローグ

ローラの歌

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

ローラさんの歌をもう一度聴きたいって投書がいっぱい!
ぜひもう一度、ローラさんに出演してほしいの

これ聞きながらポッド内でまーーードヤ顔してるんだろうなーって思いました。

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

どうやっても誤魔化せないって思った時の表情なのか、みのりん先輩がぷくー顔しているのがめちゃくちゃ可愛い。

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第13話本放送より引用

私もローラの歌聴きたかったー!皆いいなー!
また気が向いたらね

ここでトロプリメンバーがローラの歌を聴けなかったのには、何か意味がある気がしています。

ピンチになって皆落ち込んでいる時に歌って元気づけるとか、そういった面白い展開来ないかなーってワクワクしています。

「気が向いたらね」ってスタンスが変わらないのもめっちゃ良くて、存分に出し渋って「ここぞ!」って時に素敵な歌を披露してほしいです。

 

しかもエンディングのダンスはオーシャンブルー。

これでもかっていうほどローラの良さをアピールしてきます、ずるいよ!!

次回予告

トロピカ保育園!!一緒になって遊ぶまなつとか、次回予告の映像だけでそれぞれの特徴出てるのがわかってめちゃくちゃ楽しみです。

ローラも更に遠慮なく人前に出るようになってる…けど普通に子どもたち相手だとバレそうだけど大丈夫でしょうか…?

+1
Twitterでもよろしくどうぞ!