トロプリ 第1話 本編 ゆる感想

トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話のゆるーい感想です!

トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話
「トロピカれ!やる気全開!キュアサマー!」

アバンタイトル

はじめに

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

トロピカル~ジュ!プリキュア、とうとう始まりましたね!

放送開始からたった2分間の中に「まなつはこういう子ですよ!」が目一杯詰め込まれていて、これから始まるまなつ達の冒険に期待が高まります。

放送時期は2月の終わりだというのに「あれ、今の季節って夏だったっけ…?」って錯覚するくらいに舞台がトロピカル(南国風)で、オープニングの「1年中ココロはサマー!」を実感されられました。

まなつの家

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

キュアサマーって主人公キュアとしては珍しく、ピンクというよりは白の衣装で、まとめるならレインボー、いわゆる虹キュアなんです。

部屋に虹の飾りがあったことからも、主人公だからピンク!というわけではなく「まなつはこういう子だからレインボー!」という意思が伝わってきて、こういう細かい演出がめっちゃ好きです。

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

今一番大事だと思うことをやれ!
夏海まなつ、やる気全開!トロピカってきます!

はー、プリキュア保護者の方々ってなんでこう格好いい座右の銘持ってるんですかね。

まなつの家は、どこかの島の(たぶん観光地)海の家を経営しているみたいですね。

看板がちょっと気になって調べた結果、「スクーバダイビング」と「スキューバダイビング」の表記違いは発音で、どちらでも良いみたいです。

オープニング

Viva!Spark!トロピカル~ジュ!プリキュア

終始楽しい感じのオープニングで、まさにトロピカル。
細かい所まで挙げているとキリがないので、めちゃ好きポイントをいくつか書いていきます。

一之瀬みのり

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

まぁオープニングでまず気になるのはこの子でしょう。

クール系の滝沢あすかも含めてみんなノリノリの笑顔で踊っているのに対し、一之瀬みのりはびっくりするほど無表情、でも動きはノリノリ。確かに公式説明に「感情をあまり表に出さない」ってありましたけど、まさかここまでとは思わないじゃないですか。

そんなこんなでオープニング中ずーっと無表情なのですが、最後の最後で微笑んでくれるんですよね。このギャップに射抜かれた人も多いんじゃないでしょうか。

キュアパパイア

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

(この画像はプリキュアグミのCMなんですけど)

また一之瀬みのりか!って感じですが、いやいや目ビームも含めてこれは一言書かないといけないでしょう。よーく見ると目からビームじゃなくてイヤリングからなんですが…。

なんで変身前と後の項目を分けたかっていうと、エンディングやCMも含めて考えてみると、この子は「変身している時は表情豊か」です。たぶん。

私自身、「感情が読めない、もっと反応したらどうなの」って親しい子に言われてめちゃくちゃ落ち込んだ経験があるので、もしかしたら物凄く共感できるんじゃないかな…どういう成長を見せてくれるのかな…と期待しています。

オープニングもダンス

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

まさかオープニングでも踊るとは全く想像していませんでした。 3Dじゃないダンスって5GoGo!以来ですかね。

このオープニングで一番好きなのは、敵幹部も楽しそうに踊っているところです。最近は敵とのすれ違いも大きく殺伐としがちだったので、敵幹部が楽しそうにしているだけで物凄い安心感があります。

まぁ、私が「プリキュアショーで敵幹部がプリキュア達と一緒に踊っているのを見るの大好き人間」だからっていうのもありますが…。なんならオープニングの最後なんか敵幹部まとめて浄化されてますからね。

敵幹部をここまでコミカルに描いてくれると、今回出てきたチョンギーレ含め、めちゃくちゃ愛着湧いてきちゃいます。

気になってる幹部は…ぶっちゃけ全員ですが、強いて言うならエビメイドちゃんですかね。勝手にえびざべすって呼んでます。

ローラ

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

オープニングだから細かい事はなし!って言われるとそれまでなんですが、ローラって思ったより陸で生活できそうでしたね。これだけ自由に動けるなら、話の障害にもならなそうで安心です。

ローラに飛び乗られて普通に走り続けられる、まなつの体幹というか身体能力やっぱりすごい。

日常パート

グランオーシャン

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

心の中に、きらめく太陽を持った人間と、私達人魚の心が通じ合った時、鍵が現れるでしょう
なんで人間なんかの助けを?

女王様とローラのサイズ感が「人間の大人と子供」っていうレベルではないほど違うので、こういうところで「人間じゃない感」出しているんだなぁと感じました。

この時点でローラが人間に頼ることに不満(不審?)を持っていて、心を許してないってのが今後に繋がる良い反応ですね。尾びれで変身アイテムをいじってるのかわいい。

あと、注目してあげたいのが「くるるん」です。オープニングやアイキャッチをカウントしないと唯一の登場がここだけ。おもちゃ出るんだよね、販促しなくて大丈夫なの…?

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

ねぇ、そしたら私、女王様になれる!?
頼みましたよ

ローラちゃん、女王様の前だからってちょっとよそ行きの声だしてません?

とりあえずローラの主目的は女王様になることみたいで、この後の「捨て駒」のくだりにも繋がってきますね。

ローラは腹黒い子…のように見せていますが、きっと野望だけじゃなくてローラの素直さを知っているからこその、この女王様の微笑みな気がします。

トロプリはローラの成長を描く話でもありそうなので、今後の展開に期待です。たぶん女王の座は二の次になりそうですよね、にやにや。

人間の世界へ

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

長かったぁ…あれが人間の世界

「長かった」って言葉から察するに、マーメイドアクアポット(税込9,680円)の中に入って、潮に乗って移動してきたと考えられます。ということは、今回の異世界枠である「グランオーシャン」は普通に海にあるって事です。

水族館で言っていた「海の事は5%しかわかっていない」も含めてまとめると、海の中はもう「異世界」なんだよって言ってるわけです、いやーワクワク心をくすぐられますね。

あおぞら(市?)

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

ふーん…これが人間

マンホールを頭突きで開けていたので石頭説があるローラちゃん。思ったより街の中心部にアクセスできていて驚きました。

引いた絵の時に街の全貌が映されましたが、水路がそこかしこに通っていて、ローラが行き来しやすい街づくりになっていました。優しいですね(?)。

異世界から人間界、島から都会、と内訳は違うものの、新しい世界に初めて来た2人という意味で、まなつとローラには共通点がありますね。その2人が最終的に海に辿り着いて出逢うのもなんか運命的です。

涼村さんご

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

同級生で、これから仲良くなるであろう涼村さんごちゃんとの出逢い。見るからに優しくて人当たりが良さそうです。仲良くなりたい。

残る2人は別学年なので全員の顔出しが無かったのは残念でした、ちょっと珍しい。

全員顔出しといえば、トロプリの1話放送が2/28で、春映画が3/20公開なので、春映画までに全員変身って無理なので実質縛りがないってことですよね。そうなると学年もがっつり違うし、しばらく変身しない可能性さえあるのかなって思っています。

ローラとの出逢い

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

ねぇこれって!衝撃の出会いだよね!
何言ってるの、ニンゲン

「ニンゲン」呼びがたまらないです、呼ばれたい。

もうここからはテンポが良すぎていちいち書いてられない!って結論に至りました。とにかく初っ端から顔芸や勢いの良いコミカルな演出満載で、この終始楽しい感じは土田さんならではだなぁ…と実感させられます。

 

ローラ・アポロドーロス・ヒュギーヌス・ラメール

ローラの本名なっがい!ハピネスチャージプリキュアを思い出しますね。

普通の人は、まなつと同じでアポロピロピロ…ってなっちゃいますが一之瀬みのりちゃんなんかは、この自己紹介受けても即返せそうなポテンシャルがありそうです。

トロピカる

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

トロピカるって何?
常夏の太陽みたいに、キラキラ眩しい幸せな気持ちが…胸の奥からこう、ぶわーっと湧き上がってくるような感じ!

キラキラしているまなつと、それを見つめるローラの構図が「美しい」のひとことに尽きます

「トロピカる」の意味はなんとなく雰囲気で察していましたが、めちゃくちゃ気になっていた事だったので1話で説明があって嬉しかったです。説明聞いても…うーん、だいたいそんなかんじだと思った!で終わっちゃいましたけど。

ここでトロピカルパクトが開かない理由は女王様の言っていた「人間と、私達人魚の心が通じ合う」を満たしていないからなんですよね。

たぶんローラ側が心を開いていないのが原因なのですが、開かない事にがっかりして立ち去ってしまう姿が、視聴者としては「違う、違うんだよ、その子で合ってるんだよー…」って思ってしまって物悲しい気持ちになります。

 

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

落ちちゃった…

唇タッチがまた良くて、メイクが落ちてしまったことで、まなつとの出逢いが無くなってしまったかのような、ローラのがっかり感と寂しさを表現する、ほんっと絶妙な演出だったと思います。

ローラにとっては「異国の風習」だったのかもしれませんが、きっと心の奥でときめくものがあったんじゃないかな。でも海に入るたびに落ちちゃうのはちょっと可哀想ですね、さんごちゃんあたりが海でも落ちないメイク買ってきてくれたりするんでしょうか。

戦闘シーン

ヤラネーダ

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

そのやる気パワー、いただくぜ
ヤラネーダ!

今回の敵「ヤラネーダ」は、範囲内の一般人を行動不能にするスマイルプリキュアタイプですね。このタイプだと騒動が周りにバレないので堂々と変身して問題ないところが良い点です。

やる気パワー吸い取りモードがコミカルながらもちょっと怖い。

チョンギーレ

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

やる気パワーも集まったしもう帰りてぇが…

敵幹部のチョンギーレ、形式上「幹部」と書いていますが、あとまわしの魔女のシェフだそうです。執事のバトラーやメイドのエビちゃんも含め、今作は使用人で固めてきているので、組織というよりはお屋敷に仕える人たちって感じですね。

やる気パワーと集めてどうするのってところはまだ明かされていなくて、なんとなく「やる気がとことん無い魔女様にやる気を出してもらうため」みたいなゆるい理由な気がしています

ある程度やる気パワーを奪ったら「もう帰るんだけど…」みたいなスタンスのチョンギーレにはちょっと親近感を感じちゃいます。敵側もやる気があんまりないので、ゆるい展開になりそうだなと思っています。

一番大事なこと

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

自分と人魚のどっちが大事なんだよ、自分だろ
何が大事かは自分で決める!今一番大事なことは!

強がってるローラがちょっとギャグっぽくチョンギーレに見つかったと思ったら、頭から砂に埋まって一瞬で捕まっていたのには笑いました。落ちてないし!

助けに来てくれたまなつに対して、頑なに「ニンゲン」呼びなのが、まだまなつを認めてない感じがして良いです。でもこんな格好いい事言われたら…ねぇ?

キュアサマー

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

プリキュア・トロピカルチェンジ!
ときめく常夏!キュアサマー!

眩しい!映像美ですねぇ…。

1人目なのでおそらくスタンダードな変身バンクですね。短くてわかりやすい名乗りもお気に入りポイントのひとつです。

特に好きなのが、目のハイライトが変わるところ、めちゃくちゃ元気に走り回るところです。やる気に満ち溢れてるって感じ。ここらへんは文字に起こせないです、感じて!

戦闘シーン

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

どうしても書きたかったのがここ。後ろ方向への勢いを砂浜ダッシュで消して方向転換するこの動作がめちゃくちゃ格好良くて、何度も繰り返し再生しちゃいました。

戦闘スタイルもサマーらしさがバリバリ出ていて、スピード感と体全体でぶつかっていく勢いが見ていて気持ちのいいアクションですよね。捕まってるローラごと投げるのは流石に笑っちゃいましたけど、サマーの豪快な感じが出ていると思います。

マーメイドアクアポット

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

ヤラネーダが出現した時にローラは何するの?っていう答えがこれですね。しっかり役割分担されていると思います。キュアスキャン!

1話だけの印象ですが、逆にこの仕事がないとローラは海で普通にくつろいでそうなイメージさえあります。まなつよろしく~ってな感じで。

ムテキのやる気

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

やる気が吸い取れてねぇ、なんでだ!?
私のやる気はムテキなの!

公式ページのストーリーに書かれていた「春夏秋冬いつでもムテキのやる気で、みんなトロピカっちゃおう!」が早速回収されましたね。

吸い取られてもやる気は無くならない、じゃなくてそもそも「ムテキのやる気だから吸い取られません、はい勝ち!!」っていう問答無用な感じがもはや清々しいです。

おてんとサマーストライク

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

ビクトリー!

率直に技の命名がめちゃくちゃ好きです。かわいい、面白い、最強!

そして決めポーズ!スイートプリキュアスタイルの技バンクですね。決めポーズにそれぞれの個性が溢れ出てくると思うのでめちゃくちゃ期待です。サマー&コーラルのあわせ技みたいなのも…見たいなぁ。

命名センスからスタプリの「おほしサマーバケーション」を思い出しました、懐かしいねー。

エピローグ

名前呼び

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

なかなか格好良かったよ、まなつ

頑なにニンゲン呼びだったローラが「まなつ」呼び!良いですねぇ、画面の前で「それ!!」って叫ぶ痛いニンゲンになってました。プリキュア序盤のなにが好きってこれですよ。

しかも今回は「名字→名前」じゃなくて「種族→名前」ですからね、まなつを個人として認めた事を表すこれ以上の表現があるでしょうか、いやない。

ハートの岩場もきっと頻出するトロプリスポットになる気がするので胸のキュンキュンが止まりません。

あとまわしの魔女

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

邪魔者が現れたそうです…いかがいたしましょう
明日にするわ

あとまわしの魔女の名に恥じない後回しっぷりが最高でした。

見た目が完全に人魚で、頭に謎装置がついている事から「誰かに操られてる説」あると思います。部下達も悪気なさそうだし。

エンディング

©ABC-A・東映アニメーション トロピカル~ジュ!プリキュア 第1話本放送より引用

トロピカI・N・G
今日のやる気はトロピカルピンク!

オープニングとは打って変わって爽やか可愛いイメージのエンディングでしたね。

新要素のゲームは、おもちゃのオーシャンプリズムミラーと連動するみたいで、エンディングに連動して光ったりミラーをリモコン代わりにミニゲームを遊んだりできるみたいです。税込3,960円。

次回予告

なんといっても部活!
ねえプリキュアは~?

早速2話で存在がバレる人魚に笑いを堪えられません。どーすんのこれ。

運動神経バツグンなまなつが、あえて手品部に入るのも面白いですね。たぶん無いけど。

公式ページに「プリキュアに、学校に、部活に」って書いてあるので、部活はきっと重要な役どころになるはずなので、まなつが何部になるのか期待しています。

0
Twitterでもよろしくどうぞ!