ヒープリ 第17話本編感想

【ヒープリ第17話のネタバレがあります。ご注意ください。】

ヒーリングっど♥プリキュア 第17話
「最高のおもてなし!?ちゆのおかみ修行」

旅館 沢泉

食事風景

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

この卵焼きもおいしいわ

卵焼き美味しいって言われてもなぁ…と思いつつ、毎食きちんと「美味しい」と言える礼儀正しさに頬が緩みました。

お祖父様はちょっと硬そうな方ですが、お父さんの柔らかい雰囲気もあって全体的に賑やかで楽しそうな家族ですね。

沢泉とうじ

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

僕もお姉ちゃんと一緒にお手伝いするよ!

ノリノリでお手伝い申請、さらに張り切っている…さてはとうじ、普段旅館の仕事を手伝ってないな…とか思ってしまいました。

次回予告で完全に「ペギタンの人間態」と思っていたのですが、ちゆに弟がいたんですねぇ。まさか17話で初出の姉弟が出てくるとは。もう「ひなたに実は弟がいました!」って言っても驚きません。いや驚きます…

家族の呼び方

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

お手伝いするだけよ。女将は祖母だし、若女将は母だもの

注目したいのは、ちゆの家族の呼び方です。

ここでは「母」と呼んでいるのに対し、家族の前では「お父さん」呼び、さらには仕事中はお祖母様の事を「女将」と呼んでいます。こういった細かい使い分けに対するこだわり、凄く好きです。

(ドキドキ!プリキュアの菱川六花がパパorお父さん呼びだったときも大喜びしてました)

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

んー!3人ベンチでお昼食べていて微笑ましいです。ひなたのお弁当可愛い。ペギタンもお手伝いする気満々で可愛いです。

旅館のお手伝い

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

弟だからって、とうじには負けないペエ!

ペギタンのとうじに対する謎の敵対心は置いておいて、凄まじいペギタンの仕事量に驚きました。やるときはやるヒーリングアニマル!おそらく綺麗に掃除した事を褒められるのは、とうじなのですが…。その分、ちゆに褒められてほしい。

結構とうじの存在には期待していて、ペギタンの正体がバレて仲良くなったりしないかなーなんて思っています。なにやら2人の友情が出来上がって「ちゆには内緒ペエ」みたいな事を言ってほしい。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

旅館のスタッフの中にS☆S(ふたりはプリキュア Splash☆Star)にいたような気がする子がいてちょっと笑っちゃいました。あと川井さんが出演するとちょっと嬉しい。旅館回はまだあると信じているので、スタッフ達が活躍するところをもっと見たいなぁと思っています。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

女将なんてまだまだ。旅館の仕事はここからが本番よ
…ねぇお母さん、女将はお客様に合わせてお部屋の飾りを選んでいるの?

女将であるお祖母様は頑固な感じや押し付ける教え方ではなく、本人に悟らせる教え方をしているのが良いなぁと思いました。若女将(お母さん)もそうやって勉強してきたのだろうなぁ。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

東映アニメーション(大泉スタジオ)の住所…?

スミス夫妻

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

今回のお話の中心であるエミリー(+スミス夫妻)。日本に引っ越してくる(お友達と別れる)のが嫌で意地になっちゃっている感じです。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

この花、ポピーだったら花言葉で「別れの悲しみ」があるのでそうだったりしないかな、なんて思っています。さすがにこじつけですかね。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

ここが展望台です

割と気になっていた謎オブジェクト、展望台だったんですね。驚いているエミリーがめっちゃ可愛い。

のどかとひなた

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

ちゆち家見に行っちゃお!

心なしかニャトランが「まぁ、ひなたならそう言うよな」って顔している気がする。あと、温泉入る気満々のニャトランが可愛い

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

それに私も、2人に丁度会いたかったから
え?
ううん、なんでもないわ

雰囲気がいつもと違うちゆと、それに気付いて海に行くことを提案するのどか。やはり、のどかの観察眼と対応力はすごいです。

偶然かもしれませんが軒下なので3人の顔に影がかかっているのも、ちゆの心情を表しているようでたまらないですね。

ちゆと海

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

エミリーさんを、笑顔にしたーい!

事情を話す前にとりあえず一発叫ぶ!体育会系の血を感じます。そうか陸上部か。

年下なのでエミリー「ちゃん」と呼びたくなるところを、(本人がいない場所でも)お客様なので「さん」で通しているのが出来た子だなぁと思いました。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

ちゆちー、海見たらきっと元気になるって
ちゆちゃん、海好きだもんね

「海に行く」という選択は、言うなれば「海が好きな、ちゆのため」のサービス。そこに気付かされてか「エミリーさんの好きなもの」を知りたい、という考えにシフトしていきます。

エミリーと公園

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

公園は好きよ、でも日本の公園は嫌い。お友達がいないもの

エミリーからこの言葉を引き出す事ができたのは、年齢が近いちゆだった事もあるでしょう。若女将や女将にはできない「旅館沢泉」のサービスが出来たということですね。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

近くの公園に行ってみない?一緒に遊びましょう
どうしてもっていうなら

意地の張り方がまぁー可愛い。
引っ越しの影響で友達と別れてしまう寂しさ、日本で新しい友達が出来るかという不安の中、こうやって気にかけてくれるお姉さんがいるって素敵ですね。

それにしても、プリキュアシリーズ的に入浴シーンは無理という前提の中、この足湯を考えついた方は天才ですね。リラックスして話し合える場所としてこれからも大いに活躍しそうです。他シリーズのベンチのような役割に期待です。

戦闘シーン

シンドイーネ

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

私の癒やしは、キングビョーゲン様のお優しいお言葉だけなんですー!

シンドイーネさんが癒やしを求めて、バテテモーダが温泉を勧めていましたが病原菌的には温泉は敵なのでは…?でも温度、湿度的には癒やされる(繁殖しやすい)のかもしれませんね。

しかしこのやりとり、シンドイーネを出撃させるためのバテテモーダの作戦だったらすごい。

メガビョーゲン

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

心境描写とかではなく、おそらくシンドイーネ登場用の雨。梅雨だから…なのでしょうか。そして今回はやたら丁寧に倒れる描写のあったラテ様、いつもお疲れ様です。

戦闘シーン

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

ここは…大切な公園なの!
この公園で、あの子が笑ってくれるかもしれない、だから…!

舞台が公園という事もあり、フォンテーヌが先陣を切って前のめりに戦っていました。いつも冷静に戦っているイメージが強い子なので、戦闘スタイルが変わるほどエミリーの事に真剣だという事がわかりますね。

水も滴るシンドイーネに対抗して(?)スパークルも水被っていたのも可愛かったです。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

この公園は、私達が…守る!

ここからの3人での押し返しが最高にアツかったです。

お手伝いやエミリーの件は、ちゆの問題であってぶっちゃけ他2人に直接関係はありません。でも友達、親友だからこそ支え合ってサポートできる。1人で支えきれない時は3人で助け合える。良いと思います。

エピローグ

公園

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

だるまさんがころんだ!

雨が一転晴れに変わって、楽しく公園で遊んでいるエミリー達が描かれています。

プリキュアの皆さんがあまりにも大人びているので忘れがちですが、この子達中学生なのですよね。エミリーが(少なく見積もって)小学校低学年だとしてもこの風景は何ら異常ではない。

おそらく同世代の、とうじを連れてきてあげているところに優しさを感じます。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

混ぜてー!
構わない?

ここで、ちゆがOKを出すのではなく、エミリーに判断させるのが良いと思います。

周りがどう頑張っても、友達づくりの最後の決め手は自分の判断ですからね。ここで意地を張れば友達はできないし、勇気を持って一歩踏み出せば仲良くなれるかもしれない。

結果、エミリーは良い思い出を残せたようで、スミス夫妻も嬉しそうな表情をしていました。

エミリー

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

サンキュー!ちゆー!
いい笑顔だったわ、あの子

登場時とは打って変わって満面の笑みで帰っていくエミリー。いや本当に良かった。ぜひ沢泉の近くに引っ越してきて、ちゆ姉と遊んでほしいです。

 

©ABC-A・東映アニメーション ヒーリングっど♥プリキュア 第17話本放送より引用

旅館の仕事ってやっぱり大変。でも私、この沢泉が好きだわ
いつかここで、沢山のお客様を笑顔にしたい。改めてそう思ったの

この「お客様を笑顔にしたい」という考えが、沢泉に代々伝わる信念なのかもしれませんね。

若女将(お母さん)にも同じように感じた時期があったのかと思うと、このちゆの言葉を聞いてさぞ懐かしく思っているのだろうな、と思いました。

次回予告

なにやらドキドキ!プリキュアで観たような話が…?キュンよりも、もっとキュンな人…?
ニャトラン&ひなたがどう動くかがめっちゃ楽しみです。

0